1.17で考える

私が学生だったときに、起きた。
2階で寝ており、『揺れたな』という感じで、怖くてまた寝た。

それから数分して、1階の居間やキッチンでガサゴソと音がし出した。
『あー地震で、お皿割れたんかな?』と思いながら、また寝た。

それからお昼前まで寝てたと思う。
起きて、テレビをつけて、驚いた。

阪神淡路大震災が起きてから数日は衝撃的だったし、
ボランティアで現地に入ったときも衝撃を受けた。

でも、社会人になって、神戸の勤務するようになったときに、
大震災のときに神戸に居た方の話が、とても印象に残っている。

『負傷して、避難場所で、横になっていたら、その真横で人が死んでいくのを見届けた。』

自然災害に勝てないし、誰が悪いわけでもない。
ただ、そのときの無力感が怖い。

物を揃えて、防災の準備することは大切だ。
そして、心の準備も。

自然は容赦なく襲ってくる。そのとき、無力を感じる。
その無力感と自分自身の心と、
どう向き合うのかの準備も今から必要だと考える1.17だ。

Gordon JohnsonによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 企業を選ぶ前に就労後の研修も確認

  2. 働くサブスク

  3. ブラック企業にて

  4. 本日より始めます。

  5. 内定辞退セットなるモノ

  6. 面接が苦手で苦痛だったこと

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません