面接のときに見てたこと

店長をしていたときに、
アルバイトさんの面接で、私は何も見ていませんでした。

履歴書がしっかり書かれていて、
勤務条件のやり取りが出来ていれば、
採用していました。

理由は、
数分の面接で、その人と一緒に働いたら楽しいかが、わからなかったこと、
私自身が知らない人会話することが不得意だったこと、
面接というなんか上から目線的な印象を持っており、イヤだったからです。
基本、慢性的に人手が不足していたので、
採用を前提で面接していた。

重複しますが、採用する条件は、
・時間通りに面接に来る。
・履歴書がしっかり書かれている。
・勤務条件等々のやり取りができる。
この3つでした。

採用後は、1週間後と15日後と30日後の3回面談をして、
継続できそうか否かをやんわりと聞いていました。

これが良いのか否かは、今でもわかりません。

面接をし始めた最初の時期は、
他のスタッフに、見た印象を聞いてみたり、
面接での間を持たすために、聞くことをノートに書き記したり、していましたが、
あまり捏ねくり回すのも良くないと思い、簡易的な面接に至りました。

今でも働いている方、おるんかなぁ。
今度お店に食べに行ってみよ。

関連記事

  1. なにやってもあかんわ

  2. 社会人になって気づいたこと

  3. 高卒人材の採用について

  4. ストレスを解消したい

  5. 進路を決めるということ

  6. 達夫の蟹工船 その伍

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません