ブラック企業にて

ブラック企業とはなんぞや?
と思うことがあります。

夜中の1時まで会議がある会社で働いたこともあります。
タイムカードなどなく、残業代が全く出てなかった会社で働いたこともあります。
などなど。

でも、楽しかった。

基本給もそれなりに高くて、結構出張も多くて、
色んな人と会えて、会社も自分も成長していると実感できて、
なんか知らないけれど、総合的にグルーブ感があって、楽しかった。

今、考えるとブラックな企業だったと思う。
今、そこで働くかと言われれば、Noだと思う。

厚生労働省が考えるブラック企業の一般的な特徴は、
① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う
だそうです。

労働者にやる気があって、楽しいという気持ちがあれば、
上記のような特徴であっても、ブラック企業ではない!という話もチラほら聞いたりします。

私もそう思う部分もあるけれど、
そのような企業の場合、人材を募集する時点で、
『自社はブラック企業だ』と名乗るべきだと思う。

『ブラック企業の特徴に合致しているが、2年後には全社員TOEIC800点以上を獲得している。』
『ブラック企業の特徴に合致しているが、一般社員の給与は日本最高水準の手取り50万円だ。』

ワンチャンを賭けるなら、
上記のようなブラック企業で働きたいと思うかもしれない。

それであれば、案外ブラック企業問題が緩和されるかもしれないと思う今日この頃。
根本の解決にはなっていないですが。。。

関連記事

  1. AさんとBさん

  2. TikTokで仕事を獲得!?

  3. 社会人になってからの習い事

  4. 逃げ出した私を温かく迎えてくれた話

  5. 働くサブスク

  6. 新人研修で伝えたい事、受け取りたい事

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません