面接が苦手で苦痛だったこと

人と話すのは苦手なんです。
特に形式的に話すのが、とても苦手です。

でも、就職活動や転職活動の際の面接では、
しっかりと形式的に話さなければなりません。

ある程度、話す内容を考えていくのですが、
質問によっては、詰まることもありました。

一番詰まった質問は、
履歴書に書かれていることを聞かれることでした。

こっちとしては、話すことが苦手なので、
履歴書には、可能な限りに詳細を書いて行くのですが、
面接される方の中には、『志望動機は何なのかな?』と
履歴書に書いていることを質問してきます。

これが困る。
書いたことをそのまま言えば良いのか?
それとも、もう少し深堀して話した方が良いのか?

ただ、これ以上の深堀した話などない。
だから、履歴書に書いてある内容を重複して話す。

面接が終わった後、なんか釈然としない。
後日、面接通過の連絡が来ても、なんか気が重い。

そのときの私の気持ちは
『書いてること、聞くなよ!!!!!!!!』
『なんのための履歴書やねん!!!!!!!』

そんなことが顔に出ていたんだと思う。
そりゃ希望の会社に入れんわ、と思う今日この頃。

Clker-Free-Vector-ImagesによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 面接の予定変更の伝え方

  2. 失敗だった転職の話

  3. 逃げ出した私を温かく迎えてくれた話

  4. 就職活動・転職活動を記録すれば、後々おもしろい。

  5. 面接のときの服装

  6. 喫煙と仕事

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません