芸人からYoutuberへの転職

先日、エガちゃんねるを登録しました。
エガちゃん、面白い。

同時期に芸人さんからYoutubeにデビューした方もおられました。
ネットニュース記事などを見ていると批判的な意見も目にします。

ハタラクヒト的には、この批判は、会社の辞め方と
その後の対応が起因しているのではないかいと思っています。

この芸人さんは、罪を犯した訳でもないのですが、
ある出来事がきっかけで、所属していた会社を辞められました。

報道されている内容を見る限りは、
一悶着あったように思われます。

その後、しばらく謹慎を経たのちにYoutubeで復帰。

これをもし、私がプロサッカー選手だったとして例えると、

JリーグのY球団に属していた私が、オフに反社会的な方からお金を貰い、講演をした。
それが問題になり、揉めに揉めて、双方の合意点を見ずにY球団を辞めることになった。

少し謹慎して、周りの反対もあったが、トルコリーグのX球団に入団する。
その入団会見で、
・Jリーグに戻りたい
・コンビを組んでいたFWへパスを出したい。
と延べる。

私の望みは叶うのだろうか。

事の真相は、当人やその近い周辺の方にしか分からない。

でも、少なくとも、Jリーグに戻りたいなら、
まずは、Y球団との話し合いが必要でないだろうか。
そして、Y球団に属しているFWへの配慮も必要でないだろうか。

たぶんこの話し合いと配慮がないと、Jリーグへの復帰は無理だ。、
トルコリーグで生きていくのであれば、それはそれで有りだと思うので、批判などは関係ない。
しかし私の望みはJリーグへの復帰とあのFWとのコンビ復活だ。

一般的な社会でも同じことが言えるのでないかと思う。
転職をして、同じような業界・職種で働くのであれば、
可能な限り、退職する会社とは、しっかりと話し合い、同じ職場で働いた方々へは
最大限の配慮をするべきだとは思う。

そして、会社側は、退職し予定者に誠意をもって、向き合い、
会社の利潤は脇に置いて、話し合うべきではないかと思う今日この頃であります。

関連記事

  1. 高卒人材の採用について

  2. 面接のときに見てたこと

  3. 達夫の蟹工船 その四

  4. 企業を選ぶ前に就労後の研修も確認

  5. 社会人になって気づいたこと

  6. 本日より始めます。

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません