高卒人材の採用について

先日、日経新聞にて
高卒人材の採用が人気急上昇』という記事がありました。

私が初めて、就職した会社は、
高校卒、大学卒、問わずに採用されて、研修を受けていました。

そのため、年齢は違うのですが、
同期という感覚が強く、友人付き合いをしていました。

私は当時24歳で一番の年長でしたが、
18歳のヤツから、気付きなどが多々あり、吸収することも多かったように思えます。

私が幼稚な考えだったと言われれば、それまでですが、
経験値が重さを占めない職業に対しては、
年齢やどの学校を出たかは関係ないのではないでしょうか。

例えば、人脈に重きを置く金融系の営業や即戦力としてのプログラマーは
培ったことが活かさせるので、やはり大学卒を採用する傾向にあるというのは理解できますが、
商社やサービス業に関しては、年齢や学歴は関係ない気がします。

一昔(1970年代)から現在まで平均寿命は約20年近く延びています。
以前は60歳で定年退職して、すぐに死ぬことが多かった寿命ですが、
今は、さらに成人するぐらい生きます。

そんな中、年齢や学歴という枠を薄める企業が増えてくると考えます。
そして、その時に採用の基準とされることが、『自分の考え、生き方』だと思います。

しっかりと自分の考えを持つことが大切になる時代がそこまで来ていると感じます。

関連記事

  1. なりたい職業ユーチューバー

  2. 社会人になってからの習い事

  3. 退職は、幸福なのか不幸なのか

  4. 実は苦手な在宅勤務

  5. 達夫の蟹工船 その壱

  6. 選択に次ぐ選択

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません