進路を決めるということ

進路を熟考して決めた記憶はありますか?
例えば、高校の進学。

このレベルの学校だから。
ココは友達が多いから。

例えば、大学の進学。

偏差値が高いから。
ここしか行けないから。

私は上記のような理由もなく、
なんとくなく進路を決めてきたように思います。

今、考えれば、もっと熟考して決めるべきでした。
そして、大学という選択肢でなく、
専門学校という選択肢を決めた方が良かった気もします。

とは言え、当時の自分にもっと熟考すべきだと伝えても、
わかっているという風に思うだけで、何も熟考しないと思う。

そんな過去の自分自身が熟考するには、どうしたら良かったのだろう?
と考えたときに、一つの答えみたいなモノが出てきました。

私は、本を読むことが好きでした。
だからそんな私に対しては、
経営者や著名人などの自伝本を読むように薦めるのが、効果的だったと思う。

当時読んでいた本は小説が多く、
自伝本を読むことは皆無でした。

私の性格は人の意見に左右されやすい。

もしかしたら、自伝本を読んだ私は、自伝に感化されて、
進路を決める際に熟考したときに、選択肢が増えていたのではないかと思う。

だから、もし今、進路を漠然としか考えていない方がおられたら、
経営者や著名人の自伝本を読むことをお薦めします。

そして、もう既に手遅れかもしれないですが、
私も自伝本をこれからも読み漁っていきたいと思います。

関連記事

  1. 本日より始めます。

  2. 達夫の蟹工船 その四

  3. TikTocで仕事を獲得!?

  4. 1.17で考える

  5. 達夫の蟹工船 その伍

  6. ブラック企業にて

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません