達夫の蟹工船 その六

高校3年生になっても
学校へ行ったり、行かなかったり。
薬物をしたり、しなかったりの生活が続いていた。

なんとか3年生には進級はしていたが、
成績は、下から数えて、3番目。

そして
何もかもが中途半端であった。

不良としても、半人前で、
進学校の生徒しても、半人前で、
ボン中(ヤク中)としても、半人前だった。

だからどこに行っても宙ぶらりんで
居心地の良い場所がなかった。

薬物に関しては、お金がなくなったのと、
周りでやる人が少なくなってきたので、
なんとなく、自然に消滅して、止めていった。

でも、宙ぶらりんの状況には、変わりなく、
毎日がとても空虚だった。

そんな状態でも、時は残酷に過ぎていく。
高校卒業後の進路を決めなければならない。

しかし決められるほどの選択肢は残っていなかった。
就職か専門学校かの2択が提示される。

決めたのは、就職だった。
エレベーターの保守管理をする仕事にしようと決める。

関連記事

  1. 親が就かせたい職業2020

  2. 履歴書の写真に思うこと

  3. 達夫の蟹工船 その参

  4. 社会人になって気づいたこと

  5. 面接のときの服装

  6. 達夫の蟹工船 その伍

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません