喫煙と仕事

数年前で喫煙してました。
1日1箱から1箱半ぐらいで、喫煙歴は30年弱でした。

社会人になりたての頃は、
喫煙するスペースへ行くと、
上司や話したこともない会社の幹部の方がおられ、
様々な意見や会社事情を聞けて、メリットがありました。

今でも、そういう面はあると思います。
でも、喫煙者が減った今は、
上記のようなメリットは少なくなったのではないでしょうか。

メリットだけの理由で喫煙をする訳でないのですが、
仕事上の喫煙は、百害あって一利なしと、元喫煙者の私としては思います。

私が喫煙していたとき、
訪問する営業先の近辺で、喫煙できる場所を常に探していました。

特に個人が経営しているような喫茶店を探していました。
こういう喫茶店でコーヒーを飲みながら一服すると
仕事スイッチがオンになると思っていました。

・喫茶店を探す労力
・喫茶店に寄る時間
・喫茶店で使うお金

この3つを、喫煙をしていると費やされます。
特に、喫茶店を探す労力は、とても疲れました。

初めて行く営業先では、近隣に喫茶店があるか、事前に調べます。
しかし、個人経営の喫茶店は、ネットに掲載されていることが少なく、
結局、現地を歩いて探します。
すぐに見つかれば良いのですが、見つからない場合もあります。

道端の灰皿のあるところで吸うのですが、あまりおいしくない。
そして、仕事のスイッチが半分ぐらいしかオンにならない。
そのときのストレスが半端ないんです。

喫煙を辞めて、このストレスから解放されて、
喫茶店に寄る時間とお金からも解放されました。

そして、何より、タバコを吸わなければならないという強迫観念から解放されて、
脳に物事を考えるスペースが空いたように思えます。

ぜひ喫煙にお悩みでしたら、
タバコはいつもで吸えるの精神で、喫煙習慣を中止するのも一興だと思います。

関連記事

  1. 面接のときの服装

  2. 自己プロデュースが重要

  3. 飲食店と残業と働き方改革

  4. 箸の持ち方と採用

  5. 達夫の蟹工船 その六

  6. 就職活動・転職活動を記録すれば、後々おもしろい。

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません