就職活動・転職活動を記録すれば、後々おもしろい。

就職活動や転職活動をして、
どの会社に訪問して、その会社の印象はどうだったか?
ということを憶えていますか?

なんとなくは覚えていますが、
かなり怪しい記憶を辿らなければなりません。

今それを思うと、
仕事においても、プライベートにおいても、損したなぁと
考えることが多々あります。

転職活動をしていたときに、
大阪の天満駅にあるIT系を謳う会社さんの面接に行ったことがあります。

事務所に行くと、
所狭しと、DVDやビデオっぽいモノが入った段ボールが山積みにされている中に
パイプ椅子が2つ置かれてました。

そこで、年齢的に20代とおぼしき社長と面接しました。
なんか強烈に怪しくて、早く帰りたいと思ったと記憶しています。

ライブドアの初期の頃の事務所の映像がテレビで流れていて、
そのことを思い出しました。

ライブドアの初期の頃の雰囲気に似ている。
その会社は今、どうなっているんだろうか?
今、自分の方がもっと怪しいじゃないか?

先日、その会社があったと記憶している場所を通りましたが、
ラーメン屋さんになっていました。

その会社さんが大きくなっていようが、
無くなっていようが、今の私には無関係ですが、
なんとなく、しっかりとその時のことを記録にとっておけば、
今、読み返したりすれば、面白かったじゃないかなと思います。

話のネタで、大きくなっていれば、
『あそこの会社、以前はこんなんやって、怪しかってん。
でも、めっちゃデカなってるやん。見る目ないわー。』的な。

今日、このブログを書いている時点では、
感染症による世の中の変化で、
内定取り消しをする企業ができているというニュースを目にします。

取り消す企業も、
今後の内定者の人生を考えた末での結果だと思います。

そして取り消された内定者の中には
不幸を感じる方がおられるかと思います。

『夢を追って、失敗してもいいじゃない。それでも何とかなるものよ。』
マヤ・アンジェロ

なんとかなりますよ。必ず。

Ozant LiukyによるPixabayからの画像

関連記事

  1. サラリーフリーマン

  2. なりたい職業ユーチューバー

  3. AさんとBさん

  4. 自己演出戦略と面接

  5. お仕事マッチングをしたい理由

  6. 箸の持ち方と採用

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません