僕の好きな上司は行方不明

私の上司は、なぜか行方不明になることが多い。
全員が全員ではないが、行方不明で退職される。

社会人なりたて直後の上司の話。

その上司の口ぐせは、
『まぁまぁ』だった。

揉め事の多い職場で、
スタッフ間で何かしら揉め事が起こっている。

その揉め事を解決するために
スタッフが上司に話をして、判断を仰ぐ。

上司は、その揉め事の詳細を事細かに聞く。
そして上司は、一定の話を聞き終え、
『まぁまぁ』で終えていく。

解決なんてない。
『まぁまぁ』で終わりだ。

スタッフの中には、その終結に
不満も持って行動を起こす人もいた。

その行動とは
上司の上司に話をもって行くということだ。

そうすると、どうなるか。
上司の上司に、その上司が呼ばれる。

しばらくして、
その上司が肩を落として帰ってくる。

そして、再度スタッフ間の揉め事の解決に乗り出す。
それでも、話の終着点は『まぁまぁ』だった。

僕はそんな上司が大好きだったし、今でも好きだ。
一緒に仕事をしていて、落ち着くし、
ご飯を食べに行っても、楽しい。

でも、ある日を境に出社しなくなった。
周りに話を聞くと、行方がわからなくなったそうだ。

その後、風の噂で、
どこどこで働いているらしいという話は聞いた。

そう、これから先も、こんな風に
私の上司は行方不明になる人が出てくる。

Goran HorvatによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 高卒人材の採用について

  2. 履歴書の写真に思うこと

  3. 困難は想像を絶するが、しかし

  4. 喫煙と仕事

  5. 就職よりサブスクで働く

  6. 達夫の蟹工船 その参

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません