失敗だった転職の話

新卒で入社した会社に約5年勤めました。
その間、様々なことを学ばせて頂きました。

ある日、異業種から転職してきた方が、
若いんだから、色んなことを学んだ方がいいと。

もちろん、一つの会社を勤め上げるのも有りだし、
転職するのも有りだと、言われました。

そこから少し転職を意識して、
今までとは、違った業種で、
今までと違った職種にチャレンジしてみようと決意しました。

勤務していた会社に不満もあったし、
まだまだ何か自分に可能性がある気がしていた。

20代半ば。
で、転職先を探す。

しかも未経験な業種や職種ばかり。

ほぼ全滅でした。
応募しても、応募しても、書類と電話のヒアリングで不採用。
たまに、面接があるが、怪しげな会社。

自分の可能性が、スタート台にも上がれずに消えていくのかと
絶望感が蔓延している状態に。

そこで、某エージェントに登録する。
ヒアリングされて、希望を伝えて、登録完了。
同じ業種からのオファーは来るが、異なる業種からは来ない。

某エージェントにも見放される。

また、転職情報誌を睨む日々が続く。
もう、チャレンジなど、どこかに行って、
転職することが目的となっていた。

そうこうしていると、
工場の受発注のシステムを販売する会社に採用される。

やったー!次のステージに行ける!という感覚はなく、
転職できたー。ホっとする感じだった。

かなり疲弊していました。
会社に勤務していたが、もう心が転職に向いていたので、
やる気の面では、ほぼゼロ。

転職先を見つけることが目的になってしまって、
転職して、新しいことにチャレンジするという、
本来の目的は、失われていた。

だから、決まった転職先で働くことは、とても困難でした。

こんな私ではありますが、
就職する方や、転職する方、仕事探しをする方のお役に立ちたいと思い、
そして尚且つ事業として成り立つことは、何かと模索する中で
立ち上げたのが、『お仕事マッチングのハタラクヒト』です。

可能な限り、適度な心の距離感をもって、寄り添うカタチを取りたいと思っています。
就職や転職や仕事探しにお困りなら、登録しませんか?

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録する働くヒトへ

関連記事

  1. 僕の好きな上司は行方不明

  2. 自己演出戦略と面接

  3. 社会人での人間関係

  4. 芸人からYoutuberへの転職

  5. 箸の持ち方と採用

  6. サラリーフリーマン

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません