【仕事探しの小ネタ】兵庫県での仕事探し

-仕事探しの小ネタ‐

まずは兵庫県について


  • 兵庫県の人口を知って仕事探し
  • 兵庫県の人口最大の都市は、神戸市です。
    2番目は、姫路市、次いで、西宮市、尼崎市、明石市の順番です。
    神戸市は西区が神戸市の中で一番多く、兵庫県の中でも7番目です。
    次いで、北区、垂水区、東灘区、須磨区の順番です。

  • 兵庫県の事業所のランキングを知って仕事探し
  • 兵庫県全体での事業所数は、約23万が登録されています。
    自治体別では、神戸市が約7万、姫路市が約2.5万、尼崎が約1.8万。
    次いで西宮市、明石市、加古川市と続いています。
    神戸市の内訳は、中央区が約2.2万、東灘区が約8万、兵庫区が約7万です。
     

    兵庫県で、どのように仕事探しの戦略を立てるか?


  • 通勤時間が重要な仕事探し
  • 兵庫県はとても広いです。例えば福知山に住んでいて、
    神戸の三宮で働きたいと考えた場合、
    三宮まで通えば、バスでの通勤が一番早く、乗っている時間は、約1時間40分。
    通勤費も、かなり多く必要になります。
    そのため、自身が耐えれる通勤時間の範囲、
    もしくは引越をすることを考えることが
    仕事探しの最初に決める戦略ではないでしょうか。

  • 事業所の多い順で、求人数から仕事探し
  • ご自身が通える市区町村を決めたら、
    次に、その市区町村の事業数を調べて、求人数を把握することをおススメします。

  • やりたい仕事の求人を抽出して仕事探し
  • 通える範囲の市区町村の求人を把握したら、
    その中で、ご自身がやりたい仕事を抽出して下さい。
    もし、やりたい仕事がなければ、
    妥協するか、通勤時間を長くするか、引越するかを決めることとなるでしょう。
     

    なぜ兵庫県で戦略的に仕事を探しをするのか?


    1点目は、
    仕事探しをして、すぐに仕事が決まる。
    しかし後になって、他の求人で仕事を決めれば良かった。
    というような後悔を防ぐためです。
    2点目は、
    仕事探しをしても、中々決まらない状況になったときに
    広い兵庫県であっても、戦略を立てていれば、
    求人状況などが整理されているので、立て直しが容易にできるためです。
     

    結論:兵庫県の仕事探しはどうすることが適しているか?


    広い兵庫県での仕事探しは、
    ・ご自身が通える範囲を決める。
    ・通勤可能範囲の市区町村別の求人状況を把握する。
    ・求人状況から、やりたい仕事へ応募する。
    そして
    やりたい仕事の求人がない、採用されない、といった場合は、
    妥協したり、範囲を広げたり、引越を考えたりする。
    これが兵庫県で仕事を探しをする手順ではないかと思います。
     


     
    ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
    あなたの生活を豊かにしたいという思っています。

    ハタラクヒトは、あなたの個人エージェントになれると確信しています。
    ぜひ、ご登録頂き、ハタラクヒトの良さを体感してください。

    登録はコチラから

    ハタラクヒトに登録する働くヒトへ

    関連記事

    1. 第二新卒が転職活動を突破するための3つのポイント

    2. 就職活動でアルバイトの職歴は必要か?

    3. 就職と専門学校と大学院大学について

    4. 【仕事探しの小ネタ】ハローワークを使った仕事探し

    5. 四季報で会社を知って就職活動・転職活動

    6. 就職氷河期世代と70歳以上の方の現在地

    ログインステータス

    気になる人

        キープしたヒトはありません