転職は、社会人何年目にする?

転職の年齢データ


  • 転職の多い年齢
  • 転職者の多い年代は、20歳後半から30歳前半だそうです。
    それに応じて、受け入れる企業も上記の年代が多いみたいです。
    その次に多い年代は、40歳以上の方の転職の割合が多いというデータもあります。

  • 転職を考え始める年齢
  • 転職したいと考え始めるのは、何歳ぐらいの方が多いのか?
    24歳~26歳の間に転職を考える方が、もっとも多いそうです。
    そして、その年齢をピークに年々考える人の割合が減っていき、
    40歳ぐらいに、再度転職を考える方が多くなるというデータもあります。
    データ参照:https://doda.jp/guide/ranking/058.html
     

    転職年齢データからの想像


  • 石の上にも3年の法則
  • 20歳前後で就職した人が、その会社で様子を見て、
    将来についてた、やりたい仕事について考え始めるまでの期間が3年ということだと思います。
    いわゆる石の上にも3年です。
    3年ほど勤務すれば、会社に対しての不満が募ったり、
    社会の環境や状況が見えてきて、自分のやりたい仕事が見えてくる時期なのでしょうか。

  • 会社での立ち位置が見える40代
  • 40代で会社に勤務していると、自分のキャリアでステップアップしたくなる想いが募ったり、
    今の立ち位置で、退職することに変化を求めたりしたくなる年代ではないでしょうか。
    特に管理職のポストに就いていて、それ以上のステップアップの可能性が低く思えた場合、
    そのまま会社の残るか、次への模索をするかの岐路で、転職を考えるのだと思います。
     

    転職を何年目にするか?


    目的によると思います。
    収入を上げたいなら、30代に転職するのが良いと思います。
    未経験の業界に行きたいなら、20代に転職するのが良いと思います。
    自身の仕事における集大成を作りたいなら、
    40代後半から50代前半に転職するのが良いと思います。
    重要なのは、
    退職する理由と転職する理由・目的を整理して考えて、明確にすることだと思います。
    入社1年目で転職を繰り返し、金銭面で成功を収めている方も多くおられます。
    何年目ということに拘るのではなく、
    転職する目的が定まったときが、転職するときではないでしょうか。
     
     


     
    ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
    あなたの生活を豊かにしたいという思っています。

    ハタラクヒトは、あなたの個人エージェントになれると確信しています。
    ぜひ、ご登録頂き、ハタラクヒトの良さを体感してください。

    登録はコチラから

    ハタラクヒトに登録する働くヒトへ

    www_slon_picsによるPixabayからの画像

    関連記事

    1. 2020年版 就職活動で役立つおすすめグッズ 体温調整グッズ編

    2. 就職に有利な資格について知る

    3. 【仕事探しの小ネタ】ハローワークの職業訓練って何するのですか?

    4. 就職氷河期経験者から現在、就職活動されている方へ

    5. 転職活動がバレることを防ぐポイントとは?

    6. ボーナス報道と就職先・転職先選び

    ログインステータス

    気になる人

        キープしたヒトはありません