公務員への転職は容易なのか?

公務員への転職を知る


  • 公務員とはなんぞや
  • 公務員とは、国や地方公共団体などで働く方々を総じて公務員と呼びます。

  • 公務員の種類について
  • 国家公務員と地方公務員に分けられます。
    国家公務員は、
    行政府・・・1府12省庁働く方
    立法府・・・国会や国会図書館で働く方
    司法府・・・裁判所で働く方
    3つに分類されます。
    地方公務員は、
    都道府県・政令指定都市・市町村・東京都23区で働く方。
    4つに分類されます。

  • 公務員の試験について
    • 行政府に勤務する試験
    • 4つ試験があります。

      1. 1府12省庁職員になるための試験
      2. 国家総合職と国家一般職の試験があります。
        総合職と一般職の違いは、簡単に述べると
        企画立案などの仕事をするのが総合職。
        事務的な仕事をするのが一般職と言われています。

      3. 国税専門官のなる試験
      4. 労働基準監督官なるために試験
      5. 外交官になるための試験
    • 立法府に勤務する試験
    • 衆議院事務局員/参議院事務局員になるための試験です。

    • 司法府に勤務する試験
    • 裁判所職員になるための試験です。

    • 地方公務員で勤務する試験
    • 分類された4つで勤務するための試験です。

  • 公務員に転職する条件とは
  • 公務員になるためには、2種類の道があると言われています。
    それが、『一般枠』と『経験枠』です。
    『一般枠』には、年齢制限が設けられているケースが多く、
    その条件を満たしていなければ、試験も受けれません。

    『経験枠』には、年齢制限が、大幅に緩和されて、60歳ぐらいでも
    試験を受けれる自治体もあるみたいです。
    まずは、ご自身がどの枠で試験を受けるかを検討する必要があります。
     

    公務員へ転職するためのポイント


  • どの試験を受けるのか
  • 国家公務員になるための試験を受けるのか?
    国家公務員でも、総合か一般か?
    行政府にするのか?立法府にするのか?司法府にするのか?
    地方公務員になるための試験を受けるのか?
    どの地方公務員の試験のするのか?
    とまずは、狙いを定めることがポイントとなります。

  • 公務員試験の勉強
  • 試験する条件などを確認し、どの公務員になるかを定めたら、
    その公務員試験の勉強をしていきます。
    本屋でも、ネットでも、公務員試験の情報があるので、
    使えるものは、全て使うことがポイントです。

  • 公務員試験の勉強をする期間
  • 色んな情報を総合すると、1日2.3時間を1年ぐらいを目安に
    勉強すると合格に至ることが多いみたいです。
    ただし、個人差によります。

  • 悲報
  • 試験の合格したからと言って、採用が決まるわけではないそうです。
    一説には地方自治体は、採用されるケースがほとんどですが、
    国家公務員は、採用されるチャンスがあるという認識で、
    官庁訪問などを経て、最終採用決定となるみたいです。
     

    公務員は人手不足で、転職としては狙い目


    小さな政府という考え方の基、可能な限り、官から民へ
    国や地方の事業を移管させるようにしてきましたが、
    ここ最近は、国や地方が国民に提供するサービスも増えて、
    大きな政府に戻りつつあります。
    その中で、公務員は圧倒的な人手不足になっており、
    中途の方も、積極的に採用しているという状況です。
    ですので、ここ数年は公務員への転職は狙い目と考えられています。
     
     


     
    ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
    あなたの生活を豊かにしたいという思っています。

    ハタラクヒトは、あなたの個人エージェントになれると確信しています。
    ぜひ、ご登録頂き、ハタラクヒトの良さを体感してください。

    登録はコチラから

    ハタラクヒトに登録する働くヒトへ

    LoveYouAllによるPixabayからの画像

    関連記事

    1. 転職活動や就職活動は激変するのか?

    2. 社会人になってから医師へ転職できるのか?

    3. 転職でフリーランスになる前に準備したいコト・モノ

    4. 就職や転職に役立つ香川県の代表的な企業

    5. 転職や就職で自分の長所を考えるのが面倒になったら

    6. 英語力を身に付けて転職するには