したい仕事が見つからない -就職活動編-

就職したいが、したい仕事が見つからない場合


  • とりあえず就職するのも良いかも
  • 仕事って、経験してみないとわからないことが多いと思います。
    仕事の面白味や醍醐味、そして嫌なことも含めて、経験することで
    自分自身の頭の中が整理できて、したい仕事が見つかることがあるかもしれません。
    一昔前と比較して、転職へのハードルは低くなっているので、
    とりあえず就職してみるのも、したい仕事を見つけるための手段だと考えます。

  • 再度学んで、したい仕事を見つける
  • 学校を卒業したけれど、したい仕事が見つからない。
    そんなときは、再度学びの場に入ることもできます。
    専門学校に入学することも良いし、オンライン学習することも良いと思います。
    何かを学ぶことは、自分自身の知見が広がるので、したい仕事が見つかるかもしれません。

  • フリーになる
  • 学校を出たばかりで、社会経験がなくても、フリーで仕事を受けることは可能です。
    アルバイトをすることも、フリーで受ける仕事の一つです。
    そして、大切なことは、『したい仕事を見つける』ということを忘れないことです。
    毎朝、『したい仕事を見つける』と唱えるのも良いし、
    ノートに毎日、『したい仕事を見つける』と書くのも良いと思います。
    何年、何十年が経過したとしても、
    『したい仕事を見つける』ということを忘れずにいることが、重要だと思います。
     

    それでも、したい仕事が見つからない場合


  • 就職を止める
  • 就職を止めるという選択肢もありかもしれません。
    ただし、就職を止めて、無職でいるということは収入がありません。
    両親や親戚に頼る?友人を頼る?
    何かしら生活する上でのお金が必要となりますので、
    しっかりと頼る相手に相談をした上で決めるべきだと思います。

  • セーフティーネットの利用
  • 仕事に就いていないので、失業保険を利用することはできません。
    次に利用できるかもしれないのが、生活保護ですが、
    こちらも申請が通らない可能性が高いと思われます。
    セーフティーネットの利用は、難しいと考えられます。
     

    結論:就職したいが、したい仕事が見つからない場合


    ハタラクヒトの結論としては、したい仕事が見つからない場合は、
    兎にも角にも、働いてみるということです。
    正社員・フリーに関わらず、
    働いてみなければ、やりたい仕事の本質が見えてこないと思います。
    ですので、就職時にしたい仕事が見つからない場合は、
    雑食なみに、働くということを受け入れるべきと考えます。
     
     


     
    ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
    あなたの生活を豊かにしたいという思っています。

    ハタラクヒトは、あなたの個人エージェントになれると確信しています。
    ぜひ、ご登録頂き、ハタラクヒトの良さを体感してください。

    登録はコチラから

    ハタラクヒトに登録する働くヒトへ

    DavidRockDesignによるPixabayからの画像

    関連記事

    1. 求人倍率から見える、どこで就職活動するか

    2. 【なりたい職業へ転職】薬剤師に転職する

    3. ”ながら”の転職活動で良いんじゃないかな

    4. 2020年版 就職活動で役立つおすすめグッズ 体温調整グッズ編

    5. 転職のミクロは筋書き通りにいかない

    6. 40代の仕事探しに変化の兆しが現れている件