就職と専門学校と大学院大学について

専門学校の位置づけ


  • 専門学校とは
    1. 1年以上学習ができること
    2. 年間の授業時間が800時間以上
    3. 生徒数が40人以上

    で、専門課程がある教育機関であると位置付けられています。

  • 大学院大学とは
  • 最近、電車のつり革広告などを見ていると、
    『大学院大学』という大学名を目にすることがあります。
    大学院大学は、大学院のみがある大学を指すそうです。
    一般的に知られている大学院は、
    大学に付属した教育機関としての大学院ですが、
    大学院大学は、大学に付属せず、単独で大学院だけがある教育機関です。

  • 専門学校と大学院大学の違い
  • 専門性をより高度に修学するのが、大学院大学と位置付けられています。
    そのため、専門学校が運営する大学院大学を目にすることがあります。
    専門学校で修学した後に
    大学・大学院・大学院大学という進路をとる方もおられるとのことです。
     

    専門学校・大学院大学で学んで就職する


  • 大学と専門学校への進学率と就職率
  • 2019年に旺文社さんから発表されたデータですと
    新規高卒者の大学・短大の進学率は、54.8%で、
    専門学校への進学率は、16.3%だそうです。
    2018年に文部科学省から発表されたデータですと、
    大学・短大卒業後の就職率は、97.6%で、
    専門学校卒業後の就職率は、99.6%だそうです。

  • 進学率・就職率が伸びている専門学校
  • 専門学校への進学率の16.3%は、前年と比較して、0.4ポイントアップ、
    専門学校の就職率の99.6%は、前年と比較して、1.9ポイントアップです。
    大学の進学率、就職率は、いずれもダウンしているという状況です。
     

    就職するなら、専門学校・大学院大学が強い?


    専門学校・大学院大学は、就職に強いと思います。
    理由は、いくつかあると思うのですが、
    ハタラクヒト的には、2つ理由を考えました。

    1. スペシャリスト
    2. 一般的な4年生大学では、ジェネラリストを輩出することが多く、
      就職する際の焦点が定まらない傾向があります。
      専門学校・大学院大学は、スペシャリストを輩出することが多く、
      焦点の定まった就職活動ができるので、就職する割合が高くなると考えられます。

    3. 企業との繋がり
    4. かつて、福沢諭吉は『学商』と揶揄されたことがあるそうです。
      大学は学問を修める場であって、企業と手を繋ぐことに抵抗感があったのだと思います。
      しかし専門学校・大学院大学は、その成り立ちから
      就職することを優先するために学問を修めるという考えを持つ学校が多く、
      企業と手を繋ぐことで、就職する割合を高くしていると考えれます。

    教育の在り方は、これから先、多くの変化があると思います。
    ただ、ここ数年において、就職するという観点で、将来設計をした場合、
    専門学校・大学院大学で学ぶことは、有意義ではないかと思います。
     


     
    ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
    あなたの生活を豊かにしたいという思っています。

    ハタラクヒトは、あなたの個人エージェントになれると確信しています。
    ぜひ、ご登録頂き、ハタラクヒトの良さを体感してください。

    登録はコチラから

    ハタラクヒトに登録する働くヒトへ

    mohamed HassanによるPixabayからの画像

    関連記事

    1. 転職でフリーランスになる前に準備したいコト・モノ

    2. データで見る中卒・高卒の就職について

    3. 50代の転職と70代のロックミュージシャン

    4. 【仕事探しの小ネタ】仕事探しは派遣から!?

    5. 就職活動でアルバイトの職歴は必要か?

    6. 【仕事探しの小ネタ】仕事や就職活動・転職活動で疲れたら

    ログインステータス

    気になる人

        キープしたヒトはありません