暑いときは、転職活動を控えた方が良いという話

(※このページは2020年8月3日に作成されました)

●人間は気温30度超えると少しおかしくなる


2020年8月3日に、この記事を書いています。
気温は30度超えて、
日中は35度に届きそうな勢いです。
暑い!どう考えても暑い。
クーラーを使えば、涼しいが、
その分、外に出たときの温度ギャップで
かなり思考能力が落ちる。
そのため、暑いこの時期は、
転職活動を控えることをおススメします。
その理由について、考えてみました。

■宣伝■
3つの質問に回答して、
あなたオリジナルの自己PRを作りませんか?
ご回答を送付頂けましたら、
私たちはあなたの自己PRを作成します。
『3つの質問はYouTubeで』

 
質問のご回答は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019
 
ご回答を送付頂きましたら、
1週間以内に、
あなたオリジナルの自己PRを送付します。

 

●暑い時期に転職活動しない方が良い理由


自分も相手もやる気がなくなる

人間のやる気が出る環境の四文字熟語に、
『頭寒足熱』が用いられることがあります。
頭付近を涼しくして、
足元を温めている環境にあると
人間は、リラックスできると言われています。
暑い時期は、頭暑く、足元も暑い。
クーラーを利用していても、頭寒く、
足元も寒い。
という環境なので、
誰もやる気が出ない状況があります。
そんなときの転職活動が、
スムーズにいく確率は少ないと思います。
ですので、暑い時期は、
企業の調査などの事務作業することを
おススメします。

運動量が減る

暑い時期の転職活動。
確実に運動量が減っていきます。
転職活動における運動量とは、
その企業まで行くという行為です。
電車で、1時間半、徒歩20分の
企業への面接や試験。
途中で、汗だくになり、
運動量が落ちてしまいます。
運動量が落ちると、途中で引き返したり、
体力的に、企業にたどり着けなくなるケースが
あります。
涼しいトコロで、涼しくなってからの
転職活動の計画を立てることをおススメします。

判断力が鈍る

先にも書きましたが、人間が最適な環境で
物事を考えるには、
『頭寒足熱』という環境が必要です。
そして、それは物事を判断するときにも
言えることです。
暑い時期に、転職を決めてしまうことは、
ひょっとして、
その判断は鈍った判断の可能性もあります。
もし転職活動において、
重要な事項を判断するときは、
かならず涼しい環境と、
足元を温める環境を作りだし、
じっくりと熟考することが大切だと思います。
でも、可能であれば、暑い時期に重要な判断は
避けることをおススメします。
 

●暑い時期の転職活動


スーツを着て、汗だくになって行って、
温度設定が高い室内で、面接や試験をする。
暑い時期に転職活動をすることは、ツライ。
もし避けることができるのであれば、
暑い時期に転職活動をしないことを
おススメします。
今いる会社の中で、快適にステイする方法を
見つけることができるのであれば、
そうすることが、最適かと思います。

『転職活動しなければ、仕事がない』
もし、その状況であれば、
可能な限り、涼しい環境を自ら作り出して、
快適とは言えないにしても、
行動しやすい環境作りを目指して、
転職活動をすることが
良いのではないでしょうか?
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

Rani SuarniによるPixabayからの画像

関連記事

  1. そのビジネスマナーを転職活動でする?

  2. 【仕事探しの小ネタ】事前に働く先の環境を見極めるためには

  3. まだ遅くない就活のための課外活動

  4. 転職は”あなたが好き”と言われる世界へ

  5. 政治の変わり目と就職・転職での仕事探し

  6. 転職活動と退職金

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません