転職するときの根回しについて

(※このページは2020年8月27日に作成されました)

●転職と今までの人間関係


転職したい、もしくは転職が決まってから
重要なことは、退職の仕方です。
『立つ鳥跡を濁さず』ですし、
退職後も、今までいた会社と
良好な関係でいた方が、
多くのメリットがあると思います。
そこで。転職するときの根回しについて
考えてみました。
 

■宣伝■
3つの質問に回答して、
あなたオリジナルの自己PRを作りませんか?
ご回答を送付頂けましたら、
私たちはあなたの自己PRを作成します。
『3つの質問はYouTubeで』

 
質問のご回答は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019
 
ご回答を送付頂きましたら、
1週間以内に、
あなたオリジナルの自己PRを送付します。

 

●誰に真っ先に相談するか


転職しようと決めたときに、
真っ先に誰に相談すれば良いかと考えると、
直属の上司だと思います。
例え、その上司との関係が原因で、
転職をしようと思ったとしても、
やはり直属の上司に相談すべきだと思います。
『少し人間関係に疲れをおぼえ、退職を考えている』
『どう思いますか?頂ける助言はありますか?』
というように、決めたことを伝えるのではなく、
あくまでも、助言を求めるスタンスで話すことが
最適かと思います。
 

●どのタイミングで話すか


もし、転職することが、
自分の中で決定しているなら、
転職活動をして、転職先との面接が
決まったぐらいのタイミングで、
上司に相談することをおススメします。
もし、まだ転職することを、
自分の中で決定していないのなら、
転職活動する前のタイミングで、
上司に相談することをおススメします。
転職先が決まってから、上司の相談するのは、
避けた方が良いかもしれません。

上司に相談すると、
思いのほか良い助言を頂けることが多いです。
その助言によって、一考できる余地は
残しておいた方が良いと思います。
 

●退職が認められない


あまり聞かないですが、
退職代行という仕事が
成り立っていることを考えると、
あながち、無いとは言い難いです。
そこで、中々退職が認められないときは、
自分が思うワンランク上の条件を残る条件として
提示するのは如何でしょうか。
例えば、
現在、給与が30万円。
転職では40万円のトコロを考えている。
その場合、今の会社に残る条件としては、
45万円ぐらい頂きたい旨を伝える。
条件を提示しても、何も変わらないのであれば、
それは、あなたとの関係を
望んでいない証拠なので、
良好な関係で、退職、転職することを
諦めるしかありません。
 

●転職するときの根回し


転職するときの根回しは、
必ず直属の上司にイの一番に相談することです。
これさえ、しっかりとすれば、
他の根回しは不要だと思います。
そして、上司に相談すると、
転職を反対されることが多いです。
そのときの想定問答を考えた上で、
しっかりと自分の意思を伝えることができれば、
その上司に理解され、
円満な退職をして転職できると思います。
その円満な退職と転職は、
いずれあなたの財産になります。
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

Serena WongによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 【仕事探しの小ネタ】某芸人さんのラジオでの発言を少し深く考える

  2. 転職活動における年齢制限について

  3. お盆にできる就職活動・転職活動

  4. 公務員への転職は容易なのか?

  5. 【仕事探しの小ネタ】40代の仕事探し

  6. 【仕事探しの小ネタ】漁業へ転職するには?

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません