アルバイト・パートタイムの面接に行く服装

(※このページは2020年8月29日に作成されました)

●服装の選び方


アルバイトやパートタイムの面接に行くときに、
どんな服装で行ったら良いのでしょうか。
ワタシ個人的には、何でも良いと思っています。
しかし、面接をされる方の考え方は、
わかりません。
もしかしたら、
服装を気にしない方かもしれない。
もしかしたら、
服装を気にする方かもしれない。
そこで、相手に合わせるのであれば、
無難な服装が良いと思います。
一方そこで、自分を貫くなら、
好きな服装で良いと思います。
ココでは、何が無難な服装かを考えてみました。
 

■宣伝■
3つの質問に回答して、
あなたオリジナルの自己PRを作りませんか?
ご回答を送付頂けましたら、
私たちはあなたの自己PRを作成します。
『3つの質問はYouTubeで』

 
質問のご回答は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019
 
ご回答を送付頂きましたら、
1週間以内に、
あなたオリジナルの自己PRを送付します。

 

●アルバイト・パートタイム面接の無難な服装とは


襟アリが無難

襟アリの服装が無難だと思います。
理由は、多くの方が襟アリの服装は
相手に失礼のない服装だと考えているからです。

Gパンは避ける

Gパンは、避けた方が良いと思います。
Gパンは、作業着を起源としているので、
面接という場では、
失礼と考える方がいるからです。

靴はキレイにする

履いている人の靴を見れば、
その人がどんな人か想像がつく。
と考える方がおられます。
そのため、靴はキレイにして
面接に行くコトをおススメします。
 

●自分らしい服装を


アルバイトやパートタイムの面接は
短くて15分ほど、長くて1時間ほどだと思います。
その中で、面接する人は、
『この方、しっかし仕事するかな?』
『この方、職場に溶け込めるかな?』
と考えて、あなたを採用するかを判断します。

でも、だからと言って、服装は自由であり、
自分らしさを出すトコロでもあります。
変に取り繕って、後から自分を出すより、
面接の段階で、
自分らしい服装で、自分を出して、
採用されるかを判断して頂いた方が
良いと思います。
 

●結論


アルバイト・パートタイムの面接へ
行くときの服装は、
自分の好きな服装で良いと思います。
気にすることないと思いますよ。
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

nvtrlabによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 【仕事探しの小ネタ】某芸人さんのラジオでの発言を少し深く考える

  2. 【仕事探しの戯言】アルバイトで時給を上げる方法

  3. 自分に合った転職サイトとは

  4. 転職活動における年齢制限について

  5. 【仕事探しのコトバ】ギグワーカーとは何ですか?

  6. 就職や転職に役立つ兵庫県の代表的な企業

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません