文系の就職・転職

(※このページは2020年9月11日に作成されました)

●そもそも文系とは


文系とは、
人間の活動に対する学問を勉強した者、
理系とは、
自然界に対する学問を勉強した者、
という感じで分けられるのでしょうか。
文系は、
感情的なことを考慮した回答を導き出し、
理系は、
理性的なことを原点に回答を導き出す。
では、就職や転職のおいて、なぜ
理系が有利と言われたり、
文系が不利と言われたりするのでしょうか。
文系の就職・転職について考えてみました。
 

■宣伝■
こんな動画を作って、
あなたオリジナルの自己PRをしませんか?
ハタラクヒトにご登録頂けましたら、
無料で下記のような動画を作成します。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●就職・転職での文系が不利な理由


人口

大学における文系と理系の比率は、
文系7:理系3、文系6:理系4、
とも言われています。
そもそも文系の人口が多いので、
就職・転職で仕事に就ける倍率を
単純に考えると、文系が低いと考えられます。

印象

文系は、チャラく、
理系は、まじめ。
そんな印象を持つ方は、少なくないと思います。
就職や転職で採用を考える企業が
ボーダーラインに文系と理系がいれば、
その印象で、
理系を採用するケースはあると思います。

技術

理系は、技術をもっていて、替えが効かない。
文系は、技術をもっていなくて、替えが効く。
と考えられることがあります。
これは2つの理由があります。
人口と印象です。
人口の多い文系は、替えが効く確率が高い。
文系が取得している技術は、
誰でもできる印象が強い。
実際は、そうでないのですが、
そんな風に捉えられることもあります。
 

●就職・転職での文系の強みとは


文系は、人間の活動に対する学問を学んで、
感情的なコトを考えらる人間です。
機械化が進んだ世界になったとしても、
消費をして、経済活動を動かすのは人間です。
文系に求められるのは、
相手の感情を理解して、
チームに貢献したり、
商品の企画開発をするコトだと思います。
文系のあなたしか、できないことで、
就職希望先や転職希望先に対して、
どんな貢献ができるかを考える。
そのコトを、伝えることができれば、
文系の就職や転職で、
希望の企業で働くことができると思います。
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

mohamed HassanによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 転職は、社会人何年目にする?

  2. 転職される側の気持ち

  3. 第二新卒が転職活動を突破するための3つのポイント

  4. アルバイト・パートタイムの面接に行く服装

  5. 2020年版 就職活動で役立つグッズ 緊張を和らげるグッズ編

  6. 有名人の事務所退所と同業種の転職と干されるについて

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません