人脈による転職の注意点

(※このページは2020年9月14日に作成されました)

●ウチに転職してこいよ


『ウチの会社に転職してこいよ』
仕事をしていて、
こんな風に声をかけて頂いたことはありますか。
嬉しい言葉ですよね。
声をかけてくれた方が、経営者であれば、
思わず心が揺らぐかもしれません。
しかし、そんな風に声をかけてもらったときは
少し注意が必要なときがあります。
そこで、
人脈による転職の注意点を考えてみました。
 

■宣伝■
こんな動画を作って、
あなたオリジナルの自己PRをしませんか?
ハタラクヒトにご登録頂けましたら、
無料で下記のような動画を作成します。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●誰との人脈で転職を考えるか


誰から声を掛けられて、
転職しようと考えるかが重要です。
経営者でしょうか?
経営幹部でしょうか?
役職のない社員でしょうか?
誰に声を掛けられたか、
を考えなければなりません。

経営者からのオファーで転職

仕事をしている中で、
経営者の方と一緒に仕事を進めるケースがあり、
そのときの仕事ぶりなどから、
『ウチの会社に転職しない?』
と経営者の方から、
声を掛けれるケースがあります。
そのときに重要なのは、
その会社の幹部や社員が、
どう思っているかを
掴み取ることが重要です。
掴み取った感じの感触良ければ、
転職を進めることもアリです。
逆に、感触が悪ければ、
転職に関しては、
慎重になることをおススメします。

経営幹部からのオファーで転職

取締役・部長という地位の方から
転職のオファーを貰うことがあります。
一番安心できるケースだと思います。
現場のコトも、経営者のコトも、
ある程度把握した上でのオファーです。
しかも、現場や経営者との
橋渡し役にもなってくれます。
ただ、一発採用ではないので、
少し慎重になって、
転職を進めることをおススメします。

役職のない社員からのオファーで転職

こちらは、通常の転職に対して、
少しだけ有利になると思いますが、
転職完了までのハードルは、
高いと考えることが良いと思います。
ただ現場に一番近く、
現場のコトを把握しているので、
入社してからは、
気分的にとても楽に仕事ができそうです。

人脈による転職は入社後を見据えて

人脈による転職は、
入社後の立ち位置を考えなければなりません。
自分自身の仕事観が、堅固であったら、
特に心配する必要はありませんが、
自分自身の仕事観が、
確立されていない状態でしたら、
どの方の人脈で、転職をしようとしているかを
見極める必要があります。
特に、経営者からの直接オファーは、
現社員との、軋轢を生むような
結果になることがあります。
軋轢は、いずれ解消されますが、
その解消される期間、
自分自身が、耐えれるを考えることが重要です。
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

mohamed HassanによるPixabayからの画像

関連記事

  1. アルバイト・パートタイムの仕事探し

  2. 【仕事探しの小ネタ】40代の仕事探し

  3. 文系の就職・転職

  4. 【仕事探しの小ネタ】転職回数でギネスに挑戦できるのか?

  5. 農業への転職

  6. 就職・転職における四季報の種類

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません