転職活動の空き時間に読む気楽系本

(※このページは2020年10月12日に作成されました)

●転職活動では気軽に本を


転職活動で、
多く読まれているのは、ビジネス本です。
特にモチベーションを
上げるようなビジネス本は、
とても力になってくれます。
しかし、時に、
ビジネス本は読み疲れするときがあります。
そんなときは、気楽系の本でも読んで、一休み。
転職活動中の電車の中や、
待ち時間に気軽に読めて、
少し元気が出るような本を紹介します。
 

■宣伝■
こんな動画を作って、
あなたオリジナルの自己PRをしませんか?
ハタラクヒトにご登録頂けましたら、
無料で下記のような動画を作成します。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●転職活動での気楽系本


眩(くらら)/朝井まかて

葛飾北斎の娘、応為の生涯が書かれた小説です。
ワタシは、
応為が描いた『吉原格子先之図』を見て、
この小説を知りました。
北斎という絵に狂った人間を
間近に見た人として。
才能や努力が遠く及ばない人間を
間近で見た人として。
とても共感できる部分がありました。
そして、私は小説の最後がとても好きです。
少し元気や勇気を出したいときには、
最適な小説です。

コンゴ・ジャーニー(上)(下)/レドモンド オハンロン

旅行って、移動で苦痛を受けて、
お腹の足しにもならない文化物見て、
少し美味しいご飯食べて、
また苦痛の移動で帰る。
私は旅行のコトをこんな風に考えていました。
でも、コンゴ・ジャーニーを読んで、
こんなスリリングな旅行?
探検?をしてみたいと。
少し現実逃避するときには、最適な本です。

カフェ・ビエンチャン大作戦/黒田 信一

飲食店を開業するコトが、
とてもハードルの高いコトだと思ってました。
このカフェ・ビエンチャン大作戦を読むと、
やる気があれば、
飲食店の開業は難しくないと感じれます。
実際は、困難なコトも多いですが。
しかし、物事は行動すれば、
何とかなると思えます。
読み終えたときから、
動こうかなと思える本です。
やる気がないときに、
ダラダラ読むのに最適です。

砂の王国(上)(下)/荻原浩

宗教とは、こんな風に始まることもあるのか
と考えさせられる小説です。
上下巻ありましたが、
一気にグビグビ読みました。
この小説を読むと、ある意味、
一文無しも怖くなくなります。
そういった意味で、変な拘りを捨てて、
何かに突き進みたいと、
考えるには最適な本です。

 

●転職活動にダラダラは必要


上記の4冊は、いずれもダラダラと読める本です。
興味深くなり、一気読むすることもありますが。
転職活動中は、自分でも気づかない内に
気を張っていることが多いです。
そんなときに、大切なコトは、
ダラダラする時間を、積極的に設けることです。
ダラダラするときに、
テレビや映画を観るコトも一つですが、
ダラダラと気軽に、
本を読むコトもおススメです。
ぜひ、転職活動中にダラダラするときは、
上記の4冊の本を気軽に読んで、
気分転嫁して頂ければと思います。
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

mohamed HassanによるPixabayからの画像

関連記事

  1. まだ遅くない就活のための課外活動

  2. データで見る中卒・高卒の就職について

  3. 三英傑のタイプで転職活動

  4. 【仕事探しの小ネタ】漁業へ転職するには?

  5. 【なりたい職業へ転職】経営者に転職する

  6. 【仕事探しの小ネタ】40代の仕事探し

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません