【なりたい職業へ転職】経営者に転職する

(※このページは2020年10月27日に作成されました)

●なりたい職業:経営者


生命保険会社等々が調査している
『将来なりたい職業TOP10』に、
経営者がランクインされています。
メディアには多くの経営者が出ており、
その経営者に憧れて、
起業される方もおられます。
では、どのようにしたら
経営者になれるのでしょうか。
 

■宣伝■
こんな動画を作って、
あなたオリジナルの自己PRをしませんか?
ハタラクヒトにご登録頂けましたら、
無料で下記のような動画を作成します。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●経営者になるには


経営者になるには、資格は必要ありません。
極端な話、6万円で合同会社を設立し、
その代表社員になれば、経営者と言えます。
ただ、そこに何を経営しているの?
という疑問は残りますが。
では、疑問の残らない経営者になるには、
どうしたら良いでしょうか。

お金を得る手段を見つける

合同会社や株式会社を設立する前か、
後かは別にして、
お金を得る手段を見つけなければなりません。
何か商材を提供して。
何かサービスを提供して。
その対価として、お金を得る。
いわゆる会社の売上を作る手段を
見つけなければなりません。

給与を得る

売上を上げることができれば、
その売上から、
給与を得ることをしなれければなりません。
給与を得るということは、
税金や社会保険を支払うことでもあります。
給与を支払うぐらいになれれば、
少し経営者に近づいたと言えると思います。

売上が増やす

売上を作ったら、
その売上は増やすことが重要になります。
どうやったら、売上を増やせるか?
社会情勢などを見ながら。人の動向を見ながら。
様々な視点を持って、
売り上げを増やすことを考えて、
実行しなければなりません。

人を雇用する

売上を上げるのと同時に、
人の雇用を考えていく機会があります。
人を雇用するということは、
雇用者の時間を利用する代わりに、
賃金を支払う、
という責任を負うことになります。
しっかり考えた上で、
人を雇用することをおススメします。
 

●経営者になった


ハタラクヒトでは、
上記4つの項目を実行することができれば、
経営者になったと考えています。
しかし、経営者の定義は、
色んな捉え方があります。
先に述べた、合同会社の設立をして、
その代表社員になれば、経営者である。
売上を上げて、それをマネジメントすれば、
経営者である。
色んな定義があります。
そう考えると、経営者になるということは、
自分自身が、そう名乗るか否かの問題であって、
重要なことは、
どんな経営者になるかということだと思います。
 

●経営者へは誰でも転職できる


経営者へは、誰でも転職できます。
しかし、あなたがな転職した経営者は、
どんな経営者ですか?
そう、どんな経営者に転職するか?
これがとても大切なコトです。
経営者は、資格でもなんでもありません。
経営者とは、経営という船を
永遠に航行することだと思います。
 
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

mohamed HassanによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 自分に合った転職サイトとは

  2. 転職よりフリーランスを選ぶ覚悟

  3. 【なりたい職業へ転職】放射線技師に転職する

  4. 転職活動の空き時間に読む気楽系本

  5. 就職や転職に役立つ徳島県の代表的な企業

  6. 四季報で会社を知って就職活動・転職活動

ログインステータス

気になる人

      キープしたヒトはありません