厚顔になって転職する

(※このページは2020年11月27日に作成されました)

●厚顔と低頭


厚顔とは、厚かましいや図々しい人を指しています。
低頭とは、謙虚で、腰が低い人を指しています。
日本において、転職する場合は、
平身低頭の方が、周りに溶け込みやすいケースが多いようです。
では、なぜ厚顔になって転職しなければならないのでしょうか。
厚顔になって、転職する意味を考えました。
 

■宣伝■
ハタラクヒトは、
ご登録頂ける方を募集しています?
ハタラクヒトって何?
下記の動画にてご確認下さい。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●国内に限界が見える


経済の今後を見る上の指標の一つに
年齢分布図があります。
20代〜40代は、消費が活発になる世代です。
家を購入するタイミング。
その後の子育てするタイミングが
この年代に集中しているからです。
日本の年齢分布図は、10年後を見たときに、
今以上に消費が鈍化して、経済が悪くなると考えれます。
いわゆる少子化による経済のシュリンクです。
しかし、今40代の方は、50代になり、
30代の方は、40代になります。
消費が鈍化して、経済がシュリンクすると、
働く場所は、国内だけでは限界が見えます。
 

●海外へ労働者として


国内で働く場所に限界が見えると、
海外へ働き場を求めます。
日本から海外へ働くというと、
日本企業の管理者として、
海外で働くイメージがあると思いますが、
そうではありません。
海外企業のイチ社員として、
海外へ転職するのです。
 

●差別や不平等には厚顔


日本国内で例えると、
海外から来られる出稼ぎ労働者に対して、
どんなイメージがあるでしょうか。
多くの方は、ただ単に海外の方がいるな、
というイメージだと思います。
しかし、日本国内でもそうですが、
海外の方を極端に嫌う方がいます。
もし、海外に転職して、
同じ職場にそんな方いれば、どうでしょうか。
もうそんな時は、厚顔に限ります。
厚かましく、図々しくして、仕事をするしかありません。
 

●海外への転職は厚顔で


海外にキャリア転職できれば、良いですが、
ただ単に、仕事を求めて、海外に行く方もいます。
そんな場合、生活もままならないコトがあると思います。
でも、そこで働いて、より良い生活にしたいときは、
厚顔であるコトが強みになります。
そして、厚顔に仕事をして、
多くの収入や良い環境を得るコトができればと思います。
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 就職や転職に役立つ滋賀県の代表的な企業

  2. 就職や転職に役立つ島根県の代表的な企業

  3. 公的制度は使い倒し、公的発表は参考程度で転職活動

  4. 【なりたい職業へ転職】建築士に転職する

  5. アルバイト・パートタイムの仕事探し

  6. 転職・就職の仕事観 ‐ゴッドファーザーを視て-