差別と就職・転職

(※このページは2020年12月02日に作成されました)

●現実にある就職・転職差別


就職や転職において、差別が少なくなりました。
それでも現実に差別は、まだあります。
出自差別・性差別・貧富差別。
なぜ差別があるのでしょうか。
採用する側が、
なぜ差別するかについて考えてみました。
 

■宣伝■
ハタラクヒトは、
ご登録頂ける方を募集しています?
ハタラクヒトって何?
下記の動画にてご確認下さい。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●就職や転職における差別

出自差別

考えれば、考えるほど、
採用する側が、
この差別をする理由が思いつきません。
何のメリットがあるのか、全くもって不明です。
仕事に何ら影響がないし、
この差別をする合理性が見当たりません。

性差別

『体力的な問題で、
概ね男性は力があり、
男性以外は非力である。
だから、私たちの仕事は体力が重要なので、
男性しか採用しません。』
少し理解できます。

『トイレの問題で、
LGBTの方は、採用しかねます。』
これを最初から謳うのは、
差別に当たると思います。
解決できる事柄です。

貧富差別

この差別は、目に見えないトコロで
結構あるのでないかと思います。
貧しているから、採用しないのではなく、
富んでいるから、採用する。
これを差別として、考えるのか、
それとも、資本主義社会の常と考えるのかは、
それぞれの捉え方だと思います。
 

●不要な差別は排除


上記3つの代表的な差別を挙げました。
しかし、出自差別は、不要だし、
性差別は、先入観だけで、不要だと思います。

差別は、
統治しやすくするための制度だと考えます。
それも、昔の人が考えた制度です。
現代において、差別は合わない制度です。
もし、就職や転職において、
差別されていると感じたなら、
しかるべき機関に、
相談するコトをおススメします。
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

ooceeyによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 犯罪に加担しない転職先を

  2. 転職前にブラック研修を見極められるのか?

  3. 【なりたい職業へ転職】芸能人に転職する

  4. 転職は自宅近くで

  5. データで見る中卒・高卒の就職について

  6. 自分をマイナーチェンジして転職