地方移住と転職

(※このページは2020年12月11日に作成されました)

●首都以外


私の辞書、wikipediaでは、
地方とは、首都以外の土地とありました。
日本の首都は、言わずもがな東京です。
2020年12月6日の日経新聞
地方移住の住宅購入でポイント政府、最大100万円分
とあります。
東京23区に住んでいる方や
東京23区に勤務する方が対象みたいです。
そこで、この記事を書いている筆者が
行ってみたり、住んでみたり、
聞いてみたりして、住んでみたい地方を
3つピックアップしました。
 

■宣伝■
ハタラクヒトは、
ご登録頂ける方を募集しています?
ハタラクヒトって何?
下記の動画にてご確認下さい。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●私が住んでみたい地方3つ

山形県天童市

同僚の実家に1週間程と数ヶ月通いでいました。
今までで行った中で、
一番住みたいと思いました。
理由は、おもてなしが無い感じの晩御飯でも、
その辺の食堂でも、
とにかく旨い食べ物が多かったです。
そして、何よりも街の雰囲気が良かったです。
山形市に勤務して、天童市に帰る。
当時、こんな情景を想像しました。

佐賀県唐津市

海も近いし、山も近いし。
街並みも風情があるし。
博多駅まで1時間半ほどなので、
博多に勤めて、帰りに唐津駅前で一寸一杯。
少し遅くなるときは、博多泊まり。
こんな生活がしたいと思いました。

青森県むつ市

20代・30代で住むには、
少し物足りない感じもしますが、
40代を過ぎてから、住んでみたいと思いました。
冬に数回行ったのですが、
そんなに雪深い印象もなく、
程よい街の広さでした。
そして、何よりも高倉健の『夜叉』を
思い出させる雰囲気が好きです。
 

●生活するのと、行くのでは違うが


上記3つは、頻繁に行くことはありましたが、
実際に住んで生活するコトはなかったです。
でも、住めば都という格言は、
的を得ている格言だと思います。
もし地方に住む機会があれば、
新たな発見と出会いがあるチャンスと
思えば良いと考えます。
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

Raul lucusによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 就職氷河期世代と70歳以上の方の現在地

  2. 公的制度は使い倒し、公的発表は参考程度で転職活動

  3. わらしべ転職

  4. 転職や就職で自分の長所を考えるのが面倒になったら

  5. 転職するコストを考えてみた

  6. 就職や転職に役立つ愛媛県の代表的な企業