転職に哲学するコトが必要な理由

(※このページは2020年12月16日に作成されました)

●転職で哲学する


転職活動を開始するときに、
必ず向き合わなければならない相手がいます。
それが自分自身です。
自分自身に、多くの問いかけをして、
自分自身を知っていく。
自分を知るコトは、
自分が何者かを考えるコトです。
いわゆる哲学をしている状態です。
転職において、自分の哲学をしていると
楽な場面が多いと思います。
なぜ転職で、哲学するコトが
必要かについて考えてみました。
 

■宣伝■
ハタラクヒトは、
ご登録頂ける方を募集しています?
ハタラクヒトって何?
下記の動画にてご確認下さい。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●転職に哲学するコトが必要な理由

自己否定を避けるため

希望の会社、希望の業界から
早々に内定を貰えていれば、
自己否定をする暇もないのですが、
希望の会社、希望の業界から
ことごとく断られる。
そうすると、自分を否定したくなります。
そんなとき、哲学するコトで、
自己否定をしなくなったりします。

他者からの否定をかわすため

今でも行われているかは不明ですが、
企業の面接では、ときに圧迫面接が行われます。
強烈に他者から自分を否定されます。
知らない人から、これでもか!
というぐらい否定されます。
そんなときに役立つのが、哲学するコトです。
相手がなぜ否定してくるのか?
否定する人の家族はどんな風に接しているのか?
自分を考えた哲学と同じ方法で、
今の状況を哲学します。
そうすると、今の状況の真理が見えてきて、
気分が楽になります。

自分を伝えるため

自分自身の哲学をすれば、
自分自身が何者なのか?
自分が何をしていきたいのか?
というコトが、少し見えてきます。
哲学をして、見えた自分というのは、
とてもわかりやすく自分という者を
相手に伝えるコトができます。
理由は、自分自身に何度も問いかけ、
自分で納得しているコトだからだと思います。
相手に自分を知ってもらうために
哲学するコトをおススメします。
 

●人はなぜ人を殺しては、いけないのか?


『人はなぜ人を殺しては、いけないのか?』
これについて、自分の考え方を伝えるには、
色んな要素を頭に入れて考えなければ、
伝えるコトができません。
漠然とダメとわかっていても、
あらゆるケースを想定したときに、
矛盾が出てきて、相手に伝え難くなります。

転職というのは、自分を伝える活動です。
自分というコトが漠然とわかっていても、
とあるケースの自分が、
わからなくなるときも出てきます。
そんなとき、自分自身の哲学をしていると、
100%伝えきれなくても、
90%は伝えるコトができたりします。
本屋さんに行けば、
結構哲学の本が並んでますので、
一度読んで、
哲学するコトができればと思います。
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから

ハタラクヒトに登録すると?

chenspecによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 【仕事探しの小ネタ】実は簡単に書ける自己PR

  2. 求人倍率から見える、どこで就職活動するか

  3. 第二新卒が転職活動を突破するための3つのポイント

  4. 【仕事探しの小ネタ】ハローワークを使った仕事探し

  5. 転職前にブラック研修を見極められるのか?

  6. お盆にできる就職活動・転職活動