公的制度は使い倒し、公的発表は参考程度で転職活動

(※このページは2021年01月08日に作成されました)

●失敗の本質


中公文庫から出ている失敗の本質
という本があります。
この本を読むと、
公的機関が出す情報というのは、
大丈夫!?と疑問に思います。
公的機関が出す情報が、
国民の事を考えていると思うのは、
幻想でしかないのかな?とも思います。
ただ、私達はその公的機関と共に
生きていかなければなりません。
では、転職活動において、
どのように公的機関と付き合っていくか?
について考えました。
 

■宣伝■
ハタラクヒトは、
ご登録頂ける方を募集しています?
ハタラクヒトって何?
下記の動画にてご確認下さい。

 
ご不明な点は下記より送付下さい。
送信メール:info@hatahito.jp
Twittter DM:https://twitter.com/taberuman
Instagramメッセージ:https://www.instagram.com/taberuman2019

 

●転職活動と公的機関


使い倒す

転職活動中に使える公的制度は
全て、使い倒して良いと思います。
特に助成金や特別融資、給付金という
お金にかかわる制度は、躊躇なく使うべきです。
少し話はソレますが、生活保護の申請を躊躇して
命を落としたり、
自分を傷つけたりという話を聞きます。
そんなことをするぐらいなら、躊躇なく、
生活保護を申請すべきです。
転職活動においても、使える公的制度は、
どんどん使う事をおススメします。

情報は参考程度で

公的機関から出される情報は、
話半分で、参考程度にするのが良いと思います。
2020年11月17日の官房長官の記者会見で、
『就職氷河期は作らない』
という発言がありました。
この発言によって、
公的機関から発表される情報は、
『就職氷河期は作らない』事を基に
発表される場合があります。
ですので、情報に関しては、
幾つものルートから情報を収集し、
そして、自らの足で体感する情報を
利用することが望ましいと思います。
 

●就職や転職の仕事探しは混迷している


就職や転職の仕事探しは、2021年1月時点で
混迷している状態です。
そんな混迷している時は、
自分の足で考えて、判断する事が
とても、とても大切です。
先に述べた失敗の本質で、
日本軍は、間違った方向に進みました。
そして、多くの方が亡くなりました。
あれから、75年。
恐らくガバメントの本質は、
大きく変化しているように思いません。
だからこそ、自分で考えて、判断し、行動する。
これが生き抜く道だと思います。
 


 
ハタラクヒトは、仕事ということを通じて、
あなたの生活を
豊かにしたいという思っています。

ハタラクヒトは、
あなたの個人エージェントになれると
確信しています。
ぜひ、ご登録頂き、
ハタラクヒトの良さを体感してください。

登録はコチラから
https://hatahito.jp/hatarakuhito/human/

thisisorkaによるPixabayからの画像

関連記事

  1. 転職活動はゲームのように

  2. 転職するコストを考えてみた

  3. 転職活動での身だしなみを整える

  4. 厚顔になって転職する

  5. 社会人になってから医師へ転職できるのか?

  6. 土日勤務の転職先について考える