外国人材の受入れについて

日本において、外国人材が働くには、24種類の在留資格の内、一つを取得する必要があります。
24種類の在留資格は、働く環境や業種によって取得する資格が分かれています。

2019年12月現時点で、日本国内で、幅広い業種で、ある程度の制限で
働けると考えられているのが『特定技能(1号)』という在留資格と
『留学』という在留資格です。※『留学』は資格外活動許可を受けた場合だけです。

在留資格『特定技能(1号)』について

『特定技能』の特徴

1. 幅広い業種に対応している点です。

以下の業種に対応しています。
介護,ビルクリーニング,素形材産業,産業機械製造業,電気・電子情報関係産業,
建設,造船・舶用工業,自動車整備,航空,宿泊,農業,漁業,飲食料品製造業,外食業

2. 自社内で完結できる店です。

例えば、「facebookでフィリピン国内で、日本で働きたい方を見つけ、
その方を日本に呼んで、自社で就労する。」ということが可能だからです。
相手国の送り出し機関や日本国内の受入れ機関を利用する必要がないので、
全てが自社内で完結して人手を補えます。
 

『特定技能』を取得するための準備

1. 採用する人を見つける。

自社にてSNSなどを利用して、
リクルートも可能。

2. 採用する人が2つの試験を受けて、設定されてレベルを通過する。

日本語能力試験:N4レベル以上(やさしい順にN5,N4,N3,N2,N1)
参照HP:日本語能力試験
従事する業種毎の在留資格試験:各省庁が管轄しており、日程や場所(国)がそれぞれである。
参照HP:外国人技能実習360 コラム

3. 受け入れ態勢の構築

受け入れる企業・商店が下記の基準に該当しなければなりません。
・外国人と結ぶ雇用契約が適切である(例:日本人と報酬が同等以上)
・受け入れる企業・商店自体が適切である(例:5年以内に出入国・労働法令違反がない)
・外国人を受け入れる体制がある(例:外国人が理解できる言語で支援ができる)
・外国人を支援する計画が適切である(例:生活オリエンテーション等を含む)
加えて、受け入れる企業・商店が下記の義務を果たさなければなりません。
・外国人と結んだ雇用契約を確実に履行(例:報酬を適切に払う)
・外国人の支援を適切に実施
・出入国在留管理庁への各種届出を行う
 

『特定技能』で外国人が就労するまでの流れ

1. 外国人労働者を選定する。

2. 外国人労働者が『特定技能』の資格を取得する。

3. 外国人労働者と企業・商店が労働契約を締結する。

4. 在留資格認定証明書交付を地方出入国在留管理局に申請する。

5. 在留資格認定証明書が交付される。

6. ビザ(査証)を申請する。

7. ビザ(査証)が発給される。

8. 外国人労働者が入国する。

9. 企業・商店で就労する。

 
法務省のHPを参照しています。
提出する書式は
法務省HPからダウンロードできます。
ハードルは、
・採用者を見つけること
・採用者が在留資格を取得すること
・受け入れる態勢を認可して頂くこと
だと思います。
そのため、採用者を探す段階で、
在留資格『特定技能』が
必要なことを明記したり、
在留資格『特定技能』を
どのように取得するかを伝えることが
鍵となると考えます。

そして、受け入れる態勢を認可頂くことは、
行政書士さんに依頼するか、
自社や自店舗で行う場合は、監督官庁へ出向き資料を整えることになると考えます。
監督官庁は、受け入れる企業や商店の業種により異なっており、
例えば、介護は厚生労働省で、ホテルは国土交通省、外食は農林水産省である。
課される条件もそれぞれの業種によって異なる。

上記はあくまでも
自社・自店舗で行う場合であって、
登録支援機関に依頼すれば、手間は省けます。
 
 

在留資格『留学』について

在留資格『留学』資格外活動の概要

・勤務場所や仕事内容が決まる前から
申請可能です。
・勤務先が変わったとしても
再申請する必要はありません。
・週28時間まで働くことが可能です。
・留学先が長期休暇期間になるときは、
週40時間、1日8時間以内まで
働くことが可能です。
・休学すると資格外活動はできません。

必要な書類

・資格外活動許可申請書
(出入国在留管理局様式)
・パスポート
・在留カード(または外国人登録証明書)

申請方法

・「資格外活動許可申請書」を
ダウンロードし、記入する。
・記入済みの
「資格外活動許可申請書」
「パスポート」
「在留カードもしくは外国人登録証」
を出入国在留管理局に提出する。
・原則、即日発行される。
 
 

お問い合わせ

    お名前*

    メールアドレス*

    問い合わせる内容*

    ログインステータス

    言語切り替え